独特な流れ|神前式を考えている方へ/2人の思い出に残る1日に

独特な流れ

笑顔の女性

神前式とは、日本で昔からおこなわれている式のスタイルで、終始格調高い雰囲気の中で進行されるのが特徴です。
主流となっているキリスト教式も華やかな挙式スタイルですが、それとは違った挙式をおこなうことができるでしょう。
新郎新婦が着る衣装も違いますし、一連の流れや所作もまったくの別物です。
教会でおこなわれるキリスト教式に対して、神前式は神社でおこなわれるというのも大きな違いでしょう。
単純に「男女2人が結ばれる」というのではなく、「2つの家が結びつく」という考えのもとにおこなわれています。
そのため、盃を交わすことで家同士の固い絆を結ぶという意味での「三々九度の盃」というような所作がおこなわれるのです。

神前式をおこなう人が増えているとはいえ、まだまだキリスト教式で挙式をおこなうカップルの方が多いでしょう。
友人の結婚式に参列する機会は年々増えていくと思いますが、あまり神前式は見ないのではないでしょうか。
そのため、いざ神前式をしようと思っても、見慣れない所作やまったく経験したことのない式の流れに戸惑うと思います。
挙式当日までに一連の流れをリハーサルでおこなうことが多いですが、なかなかすぐに覚えるというのも至難の業でしょう。

そこで、少しでも神前式に慣れるために、模擬挙式を体験してみてはどうでしょうか。
東京でも神前式の模擬挙式をおこなっているところは多く、本番さながらの雰囲気で体験することができます。
また、親族たち参列者目線で式を見ることもできますので、そこで何かに気づくこともあるでしょう。
とはいえ、入念な準備をするに越したことはないですが、緊張することでもありません。
せっかくの記念すべき日ですので、硬くならずに素晴らしい思い出をつくることを最優先しましょう。