神前式ならではの決まり|神前式を考えている方へ/2人の思い出に残る1日に

神前式ならではの決まり

神前式

結婚式といえば、新郎新婦の親族はもちろん、それぞれの知人も数多く参列していますよね。
たくさんの人たちが新郎新婦の幸せを祝うのです。
そのため、結婚式を挙げるとなると、まず知人たちに案内を送る人が多いのではないでしょうか。
しかし、それはあくまでもキリスト教式で挙式をおこなう場合だということに注意しましょう。

神前式の場合、先ほども述べましたが、「互いの家同士が強く絆を結ぶ」ということに重きを置いています。
そのため、参列するのは新郎新婦の親族のみとするのが古来からの伝統です。
最近では会場の参列者席の数を増やし、知人も呼べるようにしているところも増えていますが、原則として神前式の場合は親族のみの少人数でおこなわれることが多いです。
また、知人の列席を許している会場だったとしても、「親族杯の儀」でお神酒をいただけるのは親族だけとしていることもあります。

みなさんが神前式をおこなおうとしている場所が知人の列席を認めているのかどうか、また、親族しか参加できない所作があるのかどうかもしっかり確認しておきましょう。
知人を招待したにも関わらず、列席できませんとなったらかなり気まずい雰囲気になってしまいますよ。

このように、神前式にもさまざまなルールが決まっており、キリスト教式と同じ感覚でおこなっていると思わぬハプニングが生じることもあります。
神前式は日本の素晴らしい挙式なのでやることはいいのですが、きちんとルールを確認しておくようにしましょう。